帆船ami号 長崎帆船祭りに参加!

ジャンル

沼津市の静浦港を母港として西伊豆を中心に活動する「帆船ami号」
帆船Ami号は2本のマストと縦帆7枚・横帆1枚を持つ
トップスルスクーナー型の帆船で、とても美しい船です。
僕は過去に3度ほど、帆船ami号に乗せて頂いたりしました。

帆船Amiとは

帆船Amiは、1990年(平成2年)11月、当地沼津で青少年のトレーニングを目的として誕生した、日本では数少ない2本マストのトップスル・スクーナーです。誕生時の名前は「海王」、その後、時代の変遷を経て「青雲」と名前を変え、2006年7月からは「帆船Ami」としてその姿を駿河湾に浮かべています。

帆船Ami Schooner Ami 公式サイト

その帆船ami号に乗船出来るチャンスです!

長崎帆船祭りに参加! 途中乗船(有料)が可能


長崎開港450周年を祝う、帆船祭りに参加します!
3/20(9時)沼津港出港⇨瀬戸内海経由⇨長崎帆船祭り⇨瀬戸内海経由⇨5/16静浦港帰港
どなたでも途中乗船(有料)が出来て、途中下船が出来ますので、お問い合わせ下さい。

📱090-7319-9161(船長 タマリ)
📧tamari@tokai.or.jp
*コロナ渦の為、延期又は中止となる場合が有ります。 

沼津港にて待ち合わせとなるものと思います。
沼津港から乗船して、どこで途中下船出来るかなど・・・
詳しくは溜(タマリ)船長へお問い合わせしてみて下さい。

残念ながら、ぬまづ歴たび・白妙博明は乗船は出来ませんが
3/20沼津港出港に合わせて、お見送りに沼津港へ行きます。
久々に溜(タマリ)船長にお逢いしたいですし✋


facebookイベント:2021年3月20日土曜日 長崎帆船祭りに参加!より

乗船体感出来るyoutube動画

youtubeには公式サイト:帆船Amiに幾つか動画がアップされております。
その中から2つほど、ご紹介致します。


帆船Ami号 ウラジオストクの1dayクルーズ 2018/12/07
ドローンで見る帆船Ami 2018/12/07

twitterでの帆船ami号関連ツイート

乗船体験等についての情報は
公式twitter投稿:帆船Ami – Schooner Ami -@schoonerami

Twitterでの投稿:帆船ami号でご覧頂けます。
旧ぬまづ歴たびアカウント:@Sirotae2018 
みーなさん:@miina_3737
ひきたたかし(静岡県議会議員)議員:@hikitatakashi
などが投稿しています。

また、2018年6月の沼津市役所の投稿では、国際レース参加について
ツイートされています。

facebookでの帆船ami号

公式サイト:帆船Ami – Schooner Amiがございます。

また、帆船Amiで訪れる旅もございますので、ぜひ「いいね」してみて下さい。

ぬまづ歴たび 白妙博明撮影:帆船ami号

ぬまづ歴たび・白妙博明が3度ほどami号に乗船した際の写真
これまで乗船させて頂き、沢山の写真を撮影してきました。その中から、一部アップします。
少しでも、乗船の雰囲気が伝われば幸いです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_3989-1024x768.jpg
2016年3月27日日曜日 沼津港での航行前のMeeting風景 大抵乗船前には溜船長の挨拶と乗船クルー、お客様お一人お一人のご挨拶を行います。これから帆船ami号で海へと航海する=一つになる為に行なう儀式のようなものですね。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_4028-1024x768.jpg
2016年3月27日日曜日 沼津港から駿河湾へと船出の帆船ami号、湾内では動力を使って航行します。
2016年1月3日日曜日 外海に出れば、帆船ami号は帆を張って・・・駿河湾航行中のami号、甲板からマストを撮影
2016年1月3日日曜日 帆船ami号の船上からの富士山は、また一段と美しい。大瀬崎航行中
2016年1月3日日曜日  舵取り中の帆船ami号 溜船長、この姿がカッコいいんですよね✋
2016年1月3日日曜日 帆船ami号乗船中の白妙博明。ライフジャケットは必須アイテムです。
2016年4月4日月曜日 時にはクルーは、マストに登る事も・・・。高所恐怖症の僕には決して出来ないことですが・・💦
2015年5月23日土曜日  沼津港に接岸中の帆船ami号
2016年5月28日土曜日 沼津港を主会場とする「港のBAR」の際に、沼津港に接岸して、祭りにお越しになったお客様に、ami号に乗って頂いたりしておりました。帆を張ると、やっぱりカッコ良いですね✋
2016年5月28日土曜日 沼津港を主会場とする「港のBAR」の際に、沼津港に接岸、夜になりライトアップされると一段と雰囲気がアップします。

2016年4月4日月曜日 時には雨の中を航行。沼津市駿河湾に春の訪れを告げる「天下の奇祭:大瀬まつり・内浦漁港祭」をami号からの途中風景です。
2016年4月4日月曜日 沼津市駿河湾に春の訪れを告げる「天下の奇祭:大瀬まつり・内浦漁港祭」をami号からの途中風景、参加する装飾された漁船とともに航行中。

2016年4月4日月曜日 沼津市駿河湾に春の訪れを告げる「天下の奇祭:大瀬まつり・内浦漁港祭」をami号から見学するツアー。漁船は装飾されて、地元の男たちは女装します(^_^;)
甲板では、女装した男たちが「ちゃんちゃらおかし」と勇み踊る大瀬まつり。これが天下の奇祭と言われる所以!
帆船ami号・・船からだから、こんなに間近で見られました✋
2016年4月4日月曜日 甲板で飲む、この一杯のコーヒーが格別なんです✋ 乗船時には船長・クルーが振る舞ってくださいます。

おまけ)
帆船ami号の名前の由来、「ami」とは、確か船長のお嬢様のお名前だったような!?(^_^;)

2018年6月21日木曜日 帆船ami号の船の横、ここも注目!
2018年10月9日火曜日 帆船ami号の船の後ろ、ここも注目!

駿河湾を航行するたび、きっとご満足頂けるはずです!

ぬまづ歴たび 白妙博明(しろたえひろあき)

コメント

タイトルとURLをコピーしました