オンライン坐禅講座に関して:無音の中ではなく拍子を取りながら・・・

オンライン講座

ぬまづ歴たびにて行なうオンライン坐禅講座については
先日も投稿させて頂きました。
「青春18坐禅パス」とは、ご質問にて「回数券」ですか?

昨日2021年3月13日
先程まで、Clubhouseの中で
旧知の写真家&メンタルセラピストの松尾成美さんと、和と美のメンター香瑠さん
そして他お二人の女性の方を交えて、トークをしていました。

❤魅力(美力)を表に出す方法❤インスタのフォロワーを増やす方法❤何でもお悩み相談

僕の志事の事、プラベートな事など話していて
オンライン坐禅の話となりました。

その中で、時間的には
現在の青春18坐禅パスで気軽にお手軽に! オンライン坐禅!15分坐禅コース!
15分程度で定期的に行なうのは正解かなとなりました。
ただ、「無」「無音」?との話になりました。

一般的な、禅寺での坐禅は
ただただ、「無」「無音」で行います。

しかし
ぬまづ歴たびの坐禅は、坐禅の師の直伝のCDを使います。

そのCDでは

・坐禅の方法、やり方についてレクチャーしながら

・数を数えながら続けるための拍子を取る「鐘(かね)の音」が流れる

そして、その「鐘(かね)の音」に併せて
最初は「数を数えていく」事で、他の事を考えない=徐々に無の状態へと
近づいていく様にナビゲートして下さいます。

従って、無音の中で、ただひたすらではございません。

そんなイメージをお持ちの方は、ぬまづ歴たびの坐禅は
違いますので、ご安心下さい。

写真は、我が坐禅の師です。
途中で、警策(きょうさく)で肩を叩く前に
師と坐禅参加者と二人共に手を合わせてお辞儀をしている姿です。

警策(きょうさく)で肩を叩くのは
打つ側は「警策を与える」、打たれる側は「警策をいただく」
この様に表現する様です。

僕の参加する白隠ミュージアムでの早朝坐禅会では
「警策をいただく」、いただきたい方が手を合わせていると
坐禅の師が前に立ち止まり、上の写真の様に、お互いにお辞儀をして
「警策をいただきます」

また、オンライン坐禅講座について、気付いたことが有れば
投稿します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました