2021年秋は芋煮、芋煮会に燃える!?

ジャンル

何故、沼津で、静岡で #芋煮?

2018年、2019年と芋煮会を行うたびに
当時、また現在も問われる事が有る。

答えは…先程、Twitterに投稿したものを含めて投稿します。

山形と沼津の繋がり

縁あって、移住して、まる8年現住まいの #静岡県#沼津市
生まれ故郷の #山形県 を繋ぐ線は

#沼津藩#水野忠成 だけ!?

水野 忠成(みずの ただあきら)は、江戸時代後期の老中、駿河国沼津藩第2代藩主。沼津藩水野家9代。通常は老中在籍時の出羽守の官名で呼ばれることが多い。老中在職期間は文化14年(1817年) – 天保5年(1834年)

wikipedia 水野 忠成

水野忠成#出羽守 老中在籍時の出羽守の官名で呼ばれることが多い。

ぬまづ歴たびの白妙博明(しろたえひろあき)の使命は?

僕の使命の一つは 二つの土地の#縁を繋ぐ 事だと自覚して
新たな交流、繋がりとなる事を願い始めたのは2018年の事。

その繋ぐ、交流の取組として食にフォーカスしました。
ニンゲン食べる事はどんな時にも忘れない大切な営み。

ただ、難しいものではダメで誰もが作れるもので
楽しく、ワクワクするもの。

そこで思い当たったものが山形の郷土料理の#芋煮
#芋煮文化 を沼津に、静岡に✋
それが原点でした。

芋煮文化とは?

山形や近隣の東北地方では秋に、里芋の収穫後河川敷に
鍋、焚き物、芋煮の材料、よそるおわんや箸など
また、宴会でも有り、酒やおつまみを持ち寄る。

芋煮の良さは先に書いた通り。普段は料理など作らないであろう?😅
男子も、この時は働く、働く。率先して働く(~_~;)

皆んなで作業を分担する。

  • 川原の石で竈門を作る。
  • 火をおこす。
  • 食材を切る。
  • 水飲み場で水を調達する。
  • 分担、分業作業で料理する。

ある意味では究極のグループワークだと思う。

誰が欠けても美味しい芋煮は出来上がらない。

出来上がった後にも交流は広がる。
2つ、3つと鍋ができていれば
僕らの鍋のほうが美味しいだの
調味料はここにこだわっただの
食材はこうだ、あーだと芋煮鍋談義が広がる。

  • 2018年11月10日原地区での芋煮会
  • 2019年1月20日鍋フェスタ 新仲見世商店街

調理も至って簡単。

調理法はホームページ
イモニストの活動についてにアップしております。

先日も新仲見世商店街の八百屋さんだいこんやさんのおかみさんと久々に話した。
コロナでめっきり様変わりし(鍋フェスの頃は)あの頃はよかったね!と仰ってくださいました。

今の時代だからこそ繋ぐ事、繋がる事が大事だと改めて思う。
今年の秋は#芋煮会

久々企画しよう👍#オンライン芋煮会 かな。

当時のツアー&ワークショップは

銅のお玉賞記念!山形の味:芋煮を首都圏日帰り圏内の静岡で楽しむWS!

#ぬまづ歴たび#白妙の深掘り

コメント

タイトルとURLをコピーしました