やさしい日本語プラグイン

Wordpressプラグイン

やさしい日本語にほんご最近さいきんちらほらとく、見かける言葉ことばですが
言葉だけでは、何を基準きじゅんに「やさしい日本語」なのかが、よくわからなかった。
そこで、深掘ふかぼりしてみました。

やさしい日本語の歴史

やさしい日本語の歴史は

やさしい日本語の歴史は、1995年の阪神・淡路大震災に遡ります。この震災のとき、日本人の死傷者は約1%でしたが、外国人の死傷者は2%以上でした。これ以降、外国人に対しても迅速に災害などの情報伝達を行う手段として取組が始まり、その後、新潟県中越地震(2004年)や東日本大震災(2011年)を経て、災害時のやさしい日本語での発信の取組が全国に広がりました。一方、平時のやさしい日本語での情報発信も、2000年代に入ってから、地方公共団体や国際交流協会で始まっています。近年では、外国人観光客とのコミュニケーションや、外国人住民と日本人住民の交流を促進する手段としてやさしい日本語を活用した取組も進んでいます。

文化庁:在留支援のためのやさしい日本語ガイドラインの冊子より

仮に何らかの案内板があったとして、日本語で書かれていたとしても、理解しにくい
難解な日本語では、案内板の意味をなさない場合もあり得ますね。
これは、話し言葉でもそうでしょうし。

でも、これだけだと、その「やさしい日本語」の判断基準が、まだ解らないですね。

「やさしい日本語」3つのステップ

先の文化庁:在留支援のためのやさしい日本語ガイドラインには
「やさしい日本語」3つのステップが記載されておりました。

➤ ステップ1:文書を日本人(この章では、日本語ネイティブ(日本語母語話者)を表します。)に
 わかりやすい文章にします。
➤ ステップ2:言葉をやさしく書き換えたり、漢字にふりがなをつけたりして、
 外国人(この章では、日本語能力がまだそれほど高くない
 非日本語ネイティブ(非日本語母語話者)を表します。)にもわかりやすくなるように
 直します。
➤ ステップ3:こうして作った文案を日本語教師や外国人に確認してもらい、伝わるかどうか
 確認します。

(1)日本人にわかりやすい文章
 ◆情報を整理する
 ◆文をわかりやすくする
 ◆外来語に気を付ける

(2)外国人にもわかりやすい文章
 ◆文をわかりやすくする(2)
 ◆言葉に気を付ける
 ◆表記に気を付ける

(3)わかりやすさの確認
 日本語教師や外国人に確認してもらう。

文化庁:在留支援のためのやさしい日本語ガイドラインの冊子より

ここまで具体的だと、だいぶ解ってきますね。

やさしい日本語への翻訳ツールは?

やさしい日本語が必要な事は歴史から解りました。
ただし、これらの事を外国人に接する日本人誰しもが、意識して使う事が
果たしてできるんだろうか?とふと思いました。

であるならば・・・
やさしい日本語への翻訳 ツールはないんだろうか?

ググってみました✋ ←これはやさしくない日本語でしょう😅

検索してみました ←やさしい日本語を意識すると、こう書かないといけないですね。

やさしい日本語エディタ WordPressプラグイン

当サイトは、Wordpressを使って運用しています。
WordPressを使っている場合、プラグインを提供している会社が有りました。
その会社で提供しているのが、WordPressプラグイン「Simplified Japanese」

このプラグインを使う事で

  1. やさしい日本語への変換
  2. 分かち書き
  3. ルビ振り(ふりがな)
  4. ふりがなの編集

これらが出来るようになるようです。

なお、使うためにはSimplified Japaneseプラグインの契約が必要です。
制約はありますが、無料(Freeプラン)も有りましたので、試してみたいと思います。

  • サーバー数:1サーバー
  • 1回の変換文字数:30文字まで
  • 月間コール数:300回まで
  • 作成原稿の印刷物への利用:不可
  • サポート:なし
  • 月額利用料:無料

ご興味のある方は、 WordPressプラグイン「Simplified Japanese」 へどうぞ✋

余談:Wordpress標準機能を使った 「ルビ振り(ふりがな)」

冒頭の3行には 、Wordpress標準でも使える「ルビ振り(ふりがな)」を 使って入れてみました。

入れる事はなのですが、やはり人海戦術は大変です😅
3行入れて、そこまでにしました。長い文章では、やさしい日本語を使う大変さを、実体験しました😅

コメント

タイトルとURLをコピーしました