ぬまづ歴たびオリジナル街歩きツアー:明治道を行く

お知らせ

ぬまづ歴たびでは、かねてから「過去・現在、そして未来へ」をキーワードにした街歩きツアーや里山ハイキング、またオンラインツアーを実施してまいりました。
更に歴史を深堀りする展開として、ぬまづ歴たびオリジナル「タイムトラベルマップ」をフル活用した旅、「明治道を行く」をシリーズ化していくこととなりました。

タイムトラベルマップ: 旧版地図 明治後期

「シリーズ:明治道を行く」とは?

ぬまづ歴たびの旅では、観光DXやメタ観光が大きな要素となっております。テーマを絞り、そのテーマの歴史を深堀りする。それが、ぬまづ歴たびの旅創りの原点です。今回の「シリーズ:明治道を行く」はその文字通りに、明治時代に存在していた道がテーマとなっております。

ぬまづ歴たびの旅では、観光DXとして積極的にスマホを活用した地図システムを活用しております。1つには、一般的な地図システムの「googleマップ」でオリジナルマップを創っております。その数は毎日増え続け、1,000地図ほどは有るものと思います。

そのgoogleマップのオリジナルマップを組み合わせることで、新たな側面・テーマを決めて、歴史を深堀りしていく。それがスタイルです。

そして、もう1つが「タイムトラベルマップ」です。この地図システムはオリジナルで、静岡県沼津市の沼津高専の地理の先生とのタイアップから生まれたものです。詳しくは別サイト「タイムトラベルマップ」をご覧頂けたらと思いますが、簡単に書くと、「過去・現在」をバーチャルに自在に旅する事ができるツールです。

現在の地図はもとより、以下の過去の地図が切り替えで瞬時にご覧頂けます。

  • 地理院写真
  • 空中写真 [1990年頃]
  • 空中写真 [1980年頃]
  • 空中写真 [1975年頃]
  • 空中写真 [1963年頃]
  • 空中写真 [1947年頃]
  • 地理院地図
  • 旧版地図 昭和後期
  • 旧版地図 昭和初期
  • 旧版地図 明治後期

つまりは、「シリーズ:明治道を行く」は「旧版地図 明治後期」を使った街歩きツアーや里山ハイキングになります。

タイムトラベルマップ:空中写真 [1963年頃]

旧版地図 明治後期を使ったツアーとは?

旧版地図 明治後期は「明治後期(1885(明治18)年~1911(明治44))」に公開された地図で、もちろん当時使われていたものです。その旧版地図 明治後期を使って・・・

タイムトラベルマップの大きな特徴は、「タイムトラベルマップはGPS機能が使えます」

googleマップなどGPS機能が使えるオンライン地図を使った事がお有りでしたらお解りの通り、移動とともにGPSで現在位置を把握し、マップ上の位置も移動していきます。これは「追従機能」で、これが使える事が、ナビ機能となります。

なお、googleマップでは、幾つかの地図に切り替えが出来るものと思います。その切替として、ぬまづ歴たびオリジナル「タイムトラベルマップ」では、上記の地図や空中写真へと切り替えが可能なのです。

旧版地図 明治後期を使ったツアーとは「明治後期(1885(明治18)年~1911(明治44))」に公開された地図をナビ代わりにして、街歩きや里山ハイキングを行う事なのです。

当時の道、また周りの様子は地図上で確認出来ますので、現代の真っ直ぐな直線道や橋はじめ明治以降に創られたものは、地図上には存在しませんので、言ってみれば「畑や田んぼ、林の中」を歩くことも有るでしょう。

ぬまづ歴たびの目指すメタ観光と観光DXとは?

タイムトラベルマップを使って明治時代後期へと、あたかもタイムトラベル・時間旅行している雰囲気を「スマホ」の画面と共に楽しんで頂けるのが、ぬまづ歴たびの提供するツアーであり、観光DXに沿ったものなのです。

各種データをデジタル化し、地図というもので表現させて、「スマホ」が有れば誰でもご覧頂ける仕組みとしていますし、それがぬまづ歴たびの旅、観光DXとなっております。

従来の旅では、観光ガイドブックや紙ベースのメディアを使っていたものは、全てオンライン地図「タイムトラベルマップ」だけで旅する事が出来ます。

また、各種歴史的な側面のもの、明治道のそばには、道標となるもの「道祖神、庚申塔、甲子塔、馬頭観音、などなど」の歴史的なものが残っているケースが多々あります。時には、既に存在しないもの、例えば「遺跡、古墳、城、などなど」も有るでしょう。

それらの情報も、タイムトラベルマップの中に格納しています。

今では存在しない、例えば静岡県沼津市の沼津城。時代、年月の流れの中で、ほとんど何も残っておりません。

その残っていないもの、例えば「お堀」などの情報は各種調査から、推定で場所等はある程度解っております。それら解っている情報を位置情報とともにタイムトラベルマップに格納し、レイヤというもの「沼津城の情報」を「タイムトラベルマップ」に表示させるとすると、先の「明治時代の旧版地図」」をナビ代わりに旅する事が出来たと同じで、あたかも江戸時代に沼津城があったかの如くに、街歩きが出来ます。

沢山の情報を位置情報とともに、格納していているからこそ、それが出来る訳です。沢山の情報を使って、時間軸とともにご案内する方法が「メタ観光」です。

従来の旅では、沢山の情報を整理する事は容易では有りませんが、データ化する事で、それが従来までとは比べ物にならない短時間で出来るのです。

と、長々と文章で表現してまいりました「シリーズ:明治道を行く」は、文章ではなかなか表現しにくいものと思っております。

是非、ご参加頂き、体感して頂ければと思います。

静岡・沼津発!明治道》根方街道を街歩き:昭和~明治~古墳時代へ時間旅行

静岡県沼津市の明治時代の道を時間旅行:昭和⇒明治⇒江戸⇒戦国の時代絵巻

「シリーズ:明治道を行く」の今後

「シリーズ:明治道を行く」は今後もシリーズとして提供してまいります。

現在の旧根方街道・金岡から中沢田、沼津市内はもとより、我入道界隈や旧根方街道の鮎壺の滝から門池公園界隈、またその先から金岡までなど、準備ができ次第、順次提供してまいります。

提供は現在のところは体験提供サイト:ainiを通して行っておりますが、今後は沼津市のふるさと納税返礼品としてなど、多岐にわたる提供とさせて頂きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました